デザイン

これからの工業デザインとは

|

 工業ものづくりコースで「工業デザイン」や「モビリティデザイン」を教えている相野谷です。工業デザインというと、皆さんはどのようなイメージを持っているでしょうか?"工業"とつくので、クルマやテレビというような大きくて硬いイメージを持っている人も多いかもしれません。もちろん、クルマやテレビも工業デザインの対象ですが、それだけではなく、いわゆる家電製品も工業デザインの対象ですし、雑貨や文房具、キッチン用品なども対象になります。そのため人々の生活によりフィットした、モノの様々な価値を見つけてデザインしていく事が重要になってきています。
 現在販売されている家電製品の中にはロボット技術を取り入れたものがありますが、その代表的なものとしてはiRobot社のルンバがあります。iRobot社はもともとロボットを製造する会社で、その技術を応用して家庭用のロボットを作ったのがルンバです。家庭用というと、円柱状の掃除機が多くありますが、ルンバが従来の掃除機と違うのは、勝手に掃除をしてくれるということです。(途中で絡んだりする問題は多少ありますが、、、)これは自分が違うことをしていても、ルンバが掃除してくれるということで、今までの自分が操作して使うものという道具としての存在から、自分ではない存在が、もう一人の自分のように仕事をしてくれる存在といえます。
 人々の生活に合わせたモノの様々な価値とは、ルンバのような高い技術を使ったものだけではなく、日々の生活をより楽しく、明るくしてくれるような、インテリアや雑貨の存在のような工業デザインも増えてきています。トースターやポットなどに見られるように、片付けないで出しておいても部屋の雰囲気を邪魔せず、インテリアオブジェのような存在としても機能するようにデザインされたものが販売されています。
 自動車のデザインでもスポーツカーや高級車のような、いわゆるかっこいいデザインだけでなく、環境に配慮したエコカーや女性ユーザーのためのかわいいデザインなども登場しています。さらに、自動運転によって、自分の部屋が移動するような、リラックスしたままソファーのような座席に座っているだけで目的地に到着するという体験を提供するコンセプトカーも登場しています。このように、デザインの価値はさらに広がり多くの人々の使い方に合わせた提案ができるデザイナーが求められると思います。
 東京工科大学では、このような様々な価値を生み出す工業デザイナーを輩出するためにデッサンや造形などの感性教育を大学のカリキュラムとして取り入れ、絵や工作が上手い、というだけではない、次世代に対応する基礎を身につける教育活動をしています。
 今年度は、コロナ禍ということでオンラインでの授業で始まりましたが、インターネットを活用した遠隔システム用のアプリケーションなどを使いながら、グループ活動を含めたデザイン開発の授業を行いました。実際のデザインの現場でもコンピュータが必須ですが、企業内よりもインターネットやスマートフォンに馴染みがある学生の方がアプリケーションに早く馴染み、使いこなして、デザイン開発手法として身につけたのではないかという印象もあります。いろいろなことに興味を持っていれば、積極的に学ぶことができると思います。ぜひ一緒にこれからのデザインを考えましょう!(相野谷 威雄

20210205_ainoya01

サスティナブル社会とデザイン

|

みなさん、こんにちは。デザイン学部の本郷です。今回はサスティナブルとデザインについてお話ししたいと思います。サスティナブルってなんでしょうか。中学や高校の授業などで習ったことのある方もいらっしゃるかとも思いますが、今後のデザインにも大いに関係することなのです。サスティナブルとは「ずっと続けていくことができる」という意味ですが、将来の世代の人たちのために環境を壊さず、また資源を無駄にせずに、今の暮らしを良い状態に保とうとすることです。デザイン学部では、いくつかの授業や演習において、サスティナブルとデザインについて学ぶ機会を設けています。その理由は、デザインの役割というのは、人の営みを豊かにするということだからです。

現在の地球環境が温暖化の影響で急激に悪化していることは言うまでもないことですが、一説によれば、今の温暖化がこのまま進んだ場合、2100年には人類は地球上で生活するのが難しくなるとすら言われています。現在、全世界的に温暖化を食い止めようとする様々な取り組みが行われているとはいえ、一番大切なことは私たち個人の意識の持ちようと行動だということを忘れてはなりません。個人の生活レベルでは、「ゴミを分別する、できるだけ出さない」「モノを大切につかう」「環境に悪いものは使わない」という程度で、本当にその行動が地球環境のためになっているのか実感することができず、もどかしく感じることも多いと思います。
しかし、個人の生活レベルではもどかしく感じるようなことでも、仕事のレベルにおいては自分の考えや方法を反映させることで、地球環境に貢献できることを実感できるかもしれません。デザインは新しい「モノをつくる」ことであると同時に、「モノをつかう」ことについて考える仕事でもあります。世の中には様々な仕事がありますが、デザインほど、これからの地球環境にとって重要な鍵となる仕事はないとさえ言えるかもしれません。これからのデザインに必要なことは、「単にモノのデザインをすること」、ではなく「そのモノの意味」、「そのモノのあり方」、「そのモノと人と環境との関係」をしっかりと考え、大量生産、大量消費を良いことと考えてきた従来のデザインの役割を見直し、人々の生活にとって本当に必要なモノ、環境を悪化させないモノを創り出すことではないでしょうか。

デザインには、人にとっての本当の豊かさを見出したり、環境を良くすることができるアイデアと可能性が多く秘められています。私たちデザイン学部の教員にはそのことを皆さんに伝える役目があります。これからの将来を担う若い世代から、デザインの力によって未来を変えることができる人がたくさん出てくることを期待しています。(デザイン学部 本郷信二)

大西景太講師のデザインラボでの研究活動紹介動画を掲載

|

2018年6月29日(金)から21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2で開催されている企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」での大西景太講師の研究活動紹介動画を公開しました。

■「デザイン学部WEB」

https://www.teu.ac.jp/gakubu/design/index.html

Ds_1_2

Ds_2


6/14 日曜日、いよいよオープンキャンパス開催!!

|

6/14 日曜日、いよいよオープンキャンパス開催!!

時間:1000930受付開始)〜 16001500受付終了)

 ※申し込み不要・入退場自由

◯ 視覚デザインコースに加え、新設された工業デザインコースの特長や

  自分にあった入試選択について説明します。

  ※ 進路選びの決め手となる、催しがたくさんありますよ!

 

体験授業A

 マイグッズでマイフォント(デジタル書体)デザイン<新規企画>

 

 文房具や雑貨などの身近なグッズを使って、活字(フォント)を組んでみま

しょう。

 文房具や雑貨の形や色を活かして、フォントに置き換えるプロセスを楽しみ

ながら制作します。

 

体験授業B

 3D-CGで空間デザイン~X氏の部屋2015/模様替え~」<新規企画>

 

・季節に合わせてX氏の暮らす部屋の模様替えを考えてもらいます。

・3Dシミュレーションソフト「スケッチアップ」を使い、家具の配置にチャレンジします。

 

体感スタジオ

 工科大で大変身! <新規企画> 

 来場者の一人の人物が、もう一人の別の人物やヒーローに変身する動画を制作します。

     デジタルエフェクトを使った映像デザインを楽しく学び、体感するコーナーです。 

*デザインを学ぶ在学生が参加者に画像加工や合成方法を楽しく教えてくれますよ!

 

 

続きを読む "6/14 日曜日、いよいよオープンキャンパス開催!!"

8/3 日曜日 オープンキャンパス大開催!!

|

8/3 日曜日オープンキャンパスに来てください

時間:10:00 〜17:00  (受付開始 9:30から)

新設される工業デザインコースの特徴や、様々な入試形態ついて説明します。

進路選びの決め手となる、催しがたくさんあります!

体験授業A:ピクトグラムデザインは世界標準!

 ・公共施設のピクトグラムデザインを制作します。

体験授業B「3D-CGで空間デザイン」

  ・3D制作ソフトでY女史の椅子をプランニングし、デザインします。


体感スタジオ「Welcome to T.K.D.

 

 ・参加者が大型スクリーン入ってしまう!在学生が参加者に画像加工や合成方法を楽しく教えてくれますよ!

 

 学生デザイン作品展示