2023年度卒業制作展を終えて

|

こんにちは。卒業制作展学生委員長の視覚伝達デザインコース4年、岩田裕翔です。 第11回卒業制作展では昨年より多くの方にご来場いただき大変嬉しく思います。 私たち学生は4年間学んできたものを最大限発揮できた卒業制作展となりました。 展示会場の様子 私たちは新型コロナウイルスにより、入学時から思うような大学生活が送れない日々が続きました。コツコツと1人で作業することが当たり前だった時から、段々と制限も減っていき、本来の大学生活をこの1年は特に送れたと思います。たくさんの人の視点や考え方に触れながら、新たな自分のデザインを見つけるきっかけにもなりました。また、卒業制作展の準備期間は学年全体が集まる良...

» 続きを読む

2023年度卒業制作展が開催されます

|

卒業制作展実行委員長をしております、 視覚デザインコース准教授の深澤健作です。この度第11回目を迎えましたデザイン学部卒業制作展の様子について、速報でお伝えします。 さて、展覧会開催日程も近付き、学生たちは自分達の展示を皆さんに楽しんでいただくため、着々と展覧会の準備を進めてきました。 教室を掃除して展示会場の準備をしています キャプションを制作している様子 作品タイトルを紹介するためのキャプションを作り、会場を案内するための掲示物や会場のマップ制作など、準備もできた様子です。    搬入の様子   間も無く卒業制作展の開催となります。学生時代に制作した数多くの研究作品の1つではありますが...

» 続きを読む

卒業研究各賞受賞者による公開プレゼンテーション開催のご案内

|

こんにちは、 情報デザインコース講師の井藤雄一です。 今回は卒業研究各賞受賞者による公開プレゼンテーション開催についてご案内いたします。 デザイン学部では2024年2月2日(金)〜2月4日(日)に2023年度デザイン学部卒業制作展を開催いたします。最終日となる2月4日(日)10:30より卒業研究各賞受賞者による公開プレゼンテーションを開催いたします。 本年度はデザイン学部の4コースで学生の卒業研究に対して優秀賞と奨励賞を各コースそれぞれ1名ずつ、合計8名に授与しました。その受賞者が一堂に集まり自身が制作した作品のプレゼンテーションを広く一般公開というかたちで開催いたします。 プレゼンテーション...

» 続きを読む

『子どもの自己肯定感を高めるワークショップ』を催してきました!

|

こんにちは! 視覚デザイン専攻 4年の龍翔也果です。 今回は私の卒業研究に関わる『子どもの自己肯定感を高めるワークショップ』を2023年12月20日に神奈川県横浜市の汐見台小学校5年1組で実施してきましたので紹介します。 ワークショップの風景 私は情報デザインの手法を取り入れた小学生でもわかる自己肯定感を高めるワークショップを研究しています。 自己肯定感が低下しやすくなるとされる10歳前後の小学生を対象にして、自己肯定感を高める考え方をワークショップを通して理解してもらうことを目的としています。 まずは、幸せとは何かを子どもたちに問いかけました。子どもたちからは、「ご飯が食べられること」「友...

» 続きを読む

2023年度卒業制作展メインヴィジュアル制作について

|

こんにちは、デザイン学部 視覚デザイン専攻4年の村上彩音です。 2023年度デザイン学部卒業制作展のメインビジュアルを担当させていただきました。メインビジュアルのコンセプトは「共鳴する光」です。私たちの年代はコロナ禍から始まり、先行きの見えない不安を抱えながらもお互いが持つ力や作品に影響を受け合いながら進んできました。この年代だからこそ生みだされる今までにない光があります。やっと多くの方にお見せできる卒業制作という機会。個々の光が繋がり合い、新たな光がここで解き放たれます。と掲げています。 コンセプトに辿り着いた理由は、同級生の人柄を知っていくよりも先に、「この作品を作った、あの人だ。」という...

» 続きを読む

«エコプロダクツ展2023に出展しました

(C)2012 Tokyo University of Technology, School of Design.