これからの工業デザインとは

|

 工業ものづくりコースで「工業デザイン」や「モビリティデザイン」を教えている相野谷です。工業デザインというと、皆さんはどのようなイメージを持っているでしょうか?"工業"とつくので、クルマやテレビというような大きくて硬いイメージを持っている人も多いかもしれません。もちろん、クルマやテレビも工業デザインの対象ですが、それだけではなく、いわゆる家電製品も工業デザインの対象ですし、雑貨や文房具、キッチン用品なども対象になります。そのため人々の生活によりフィットした、モノの様々な価値を見つけてデザインしていく事が重要になってきています。 現在販売されている家電製品の中にはロボット技術を取り入れたものがあ...

» 続きを読む

デザイン学部の卒業制作オンライン展示について

|

皆さん、こんにちは。デザイン学部で、広告やブランディングなど視覚伝達デザインを教えている葛原です。新型コロナウイルス感染症拡大が止む気配がありません。この感染症が1日も早く収まることを願うばかりです。 さて、皆さんに1つお知らせがあります。2月1日から2月28日まで、東京工科大学デザイン学部の卒業制作オンライン展示が特設サイトにて公開されます。是非ともご覧いいただければと思います。 皆さんは、デザインとはどのようなものであるとお考えですか?美しい何か、綺麗な何か、あるいは、格好良い何かのようにお考えでしょうか?もちろん、美しさや綺麗さ、格好良さもデザインの1つの側面と言えるかもしれませんが、...

» 続きを読む

サスティナブル社会とデザイン

|

みなさん、こんにちは。デザイン学部の本郷です。今回はサスティナブルとデザインについてお話ししたいと思います。サスティナブルってなんでしょうか。中学や高校の授業などで習ったことのある方もいらっしゃるかとも思いますが、今後のデザインにも大いに関係することなのです。サスティナブルとは「ずっと続けていくことができる」という意味ですが、将来の世代の人たちのために環境を壊さず、また資源を無駄にせずに、今の暮らしを良い状態に保とうとすることです。デザイン学部では、いくつかの授業や演習において、サスティナブルとデザインについて学ぶ機会を設けています。その理由は、デザインの役割というのは、人の営みを豊かにすると...

» 続きを読む

デザイン学部バーチャルオープンキャンパスDAYオンライン教員相談のご案内

|

だんだんと暑くなってきましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。例年ですと夏に向けてオープンキャンパスが盛んに行われて、興味がある大学に足を運ぶ時期ですが、今年はこれまで行われていた形式で来場者の皆さんをお迎えする開催が難しい状況にあります。そのため本学ではリモートシステムで出来ることを駆使してバーチャルオープンキャンパスを7月より開催しています。 デザイン学部ではこの後8月1日(土)と8月30日(日)に開催する予定です。その中で遠隔であっても身近な面接が可能なリモートシステムであるZOOMを使って、大学のカリキュラムや大学生活、卒業後のことなどをデザイン学部の担当教員と自由に相談できる『教員と...

» 続きを読む

感性演習[描く]について

|

こんにちは、東京工科大学デザイン学部講師の深澤健作です。大学では、【デザインにおける平面表現研究】というテーマで絵を描くときの材料、技法、組成などを研究しております。どうぞよろしくお願いいたします。 さて、今回は私が担当しているデザイン学部を代表する科目、感性演習[描く]についてお話ししたいと思います。東京工科大学デザイン学部に入学して最初に受講していただく必修授業の一つで、絵の基礎的な描画力を身につける授業になります。 描くという行為は、大昔から言葉や文字だけでは伝えきれないモノやコトを表すことができる重要なコミュニュケーション手段でもありましたから、これからデザインを学ぶ上で避けては通れな...

» 続きを読む

«デザイン学部オープンキャンパスへご来場の皆さまへ

(C)2012 Tokyo University of Technology, School of Design.