サスティナブル社会とデザイン

|

みなさん、こんにちは。デザイン学部の本郷です。今回はサスティナブルとデザインについてお話ししたいと思います。サスティナブルってなんでしょうか。中学や高校の授業などで習ったことのある方もいらっしゃるかとも思いますが、今後のデザインにも大いに関係することなのです。サスティナブルとは「ずっと続けていくことができる」という意味ですが、将来の世代の人たちのために環境を壊さず、また資源を無駄にせずに、今の暮らしを良い状態に保とうとすることです。デザイン学部では、いくつかの授業や演習において、サスティナブルとデザインについて学ぶ機会を設けています。その理由は、デザインの役割というのは、人の営みを豊かにすると...

» 続きを読む

デザイン学部バーチャルオープンキャンパスDAYオンライン教員相談のご案内

|

だんだんと暑くなってきましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。例年ですと夏に向けてオープンキャンパスが盛んに行われて、興味がある大学に足を運ぶ時期ですが、今年はこれまで行われていた形式で来場者の皆さんをお迎えする開催が難しい状況にあります。そのため本学ではリモートシステムで出来ることを駆使してバーチャルオープンキャンパスを7月より開催しています。 デザイン学部ではこの後8月1日(土)と8月30日(日)に開催する予定です。その中で遠隔であっても身近な面接が可能なリモートシステムであるZOOMを使って、大学のカリキュラムや大学生活、卒業後のことなどをデザイン学部の担当教員と自由に相談できる『教員と...

» 続きを読む

感性演習[描く]について

|

こんにちは、東京工科大学デザイン学部講師の深澤健作です。大学では、【デザインにおける平面表現研究】というテーマで絵を描くときの材料、技法、組成などを研究しております。どうぞよろしくお願いいたします。 さて、今回は私が担当しているデザイン学部を代表する科目、感性演習[描く]についてお話ししたいと思います。東京工科大学デザイン学部に入学して最初に受講していただく必修授業の一つで、絵の基礎的な描画力を身につける授業になります。 描くという行為は、大昔から言葉や文字だけでは伝えきれないモノやコトを表すことができる重要なコミュニュケーション手段でもありましたから、これからデザインを学ぶ上で避けては通れな...

» 続きを読む

デザイン学部オープンキャンパスへご来場の皆さまへ

|

今年度から東京工科大学デザイン学部で主にスキル演習科目を担当する舟山貴士です。オープンキャンパスを楽しみにされていた皆さまとお会いできないのはとても残念ですが、このバーチャルオープンキャンパスに参加し愉しんでいただいて、デザイン学部のことをたくさん知っていただければと思います。 私は、東京工科大学に着任するまえは、、グラフィックデザイナーとして雑誌のデザイン、美術館で行われる展覧会の図録やポスターなどを手掛けてきました。仕事の現場で得た知識と経験を大学で学ぶ皆さんと授業を通じて共有できればと思っています。   新型コロナウイルスの拡大により、大学本来の形ではない事ですが、前期全ての科目がZOO...

» 続きを読む

工科大デザイン学部で学ぶということ

|

Covid-19(新型コロナウィルス)感染の拡大によって、世の中のシステムは変わりつつあります。緊急事態宣言が解除されて、一部では人の流れも復活したとはいえ、皆さんの生活のスタイルもずいぶんと変化を余儀なくされていることでしょう。良い面もあれば、不都合な面もある。周囲の人に気を使うという事は、当たり前のことでありながら、こうした事態になって改めて認識されているように思われます。スマートフォンを見ながら歩行して他人にぶつかりそうになったり、電車内でゲームに熱中して通路をふさいだり、周囲の迷惑を顧みずに大声で唾を飛ばして会話したり…という場面を見ることが減ってきたように感じるのです。また、これまで...

» 続きを読む

«デザイン学部戦略的教育プログラム「2020年大田区がすごい!」プレゼンフォーラムがJ:COM大田で放送予定

(C)2012 Tokyo University of Technology, School of Design.